<家族のためにも運転代行を利用しましょう>

罰則が厳しくなり、飲酒運転をする人が激減しました。
昨今では、飲酒をしたら運転はしてはいけないと言う認識がドライバーに広く浸透しました。

飲酒運転をしたら、免許が停止になってしまうと怖れる人が多いようです。
ですが、飲酒運転をしてはいけない理由は免許停止になってしまうからではありません。

たしかに免許停止になってしまうことも重要ではありますが、一番の理由は事故を起さないためです。
もし飲酒運転をして事故を起してしまった場合、多くを失ってしまうでしょう。
家族や友人それに仕事など、1回の飲酒運転による事故ですべてを失ってしまうケースもあります。

<ハンドルを握る時は家族の幸せも握っています>

缶ビール1本程度なら大丈夫だろうと考える人も、まだいるようです。
また、自分は飲酒しても安全運転ができると過信している人もいます。
運転は非常に多くの情報を瞬時に判断しながら、道路を走行するものです。
お酒を飲んで車を運転したら、判断は絶対に鈍ってしまいます。
事故を起して初めて、飲酒運転の恐ろしさを実感する人もいます。

事故を起してから後悔しても、手遅れです。
もし事故の相手が死亡したり後遺症が残こる程の重症をおったら、高額な賠償金を請求されてしまいます。
ハンドルを握る時は、家族の幸せも握っていると思って運転する必要があります。

家族のことを常日頃から考えていたら、飲酒運転など絶対にできないと思います。
お酒を飲んでしまった時は、運転代行を上手に利用しましょう。

岸和田市・貝塚市のG-LINE泉州運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
[フリーダイヤル]
0800-080-5557